スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三木道三/Lifetime Respect


2001年、日本でレゲエ史上初のミリオンセラーを達成した男がいた。


彼の名前は三木道三。



世間一般にレゲエシーンを知らしめたばかりか、世の女性の胸をその直球の歌詞で撃ちぬいたシングルがこの曲、「Lifetime Respect」。


関西弁のリリックと共に、テレビ番組出演時には三木自らが「どうも~、一発屋でーす」と言ったりと、その“極めて関西”なキャラクターも人気に。


Lifetime Respectのヒットによって出演したミュージックステーションでは、自らの身体の匂いを嗅ぐ身振りをして「一発屋の匂いがしませんか?」との冗談を飛ばし会場の爆笑を呼んだが、当然ながらこの時点で既にレゲエミュージシャンとしての長いキャリアがあったのであり、この一件は突然の大ヒットを飛ばしてしまったことに対しての三木流の自嘲であると見たファンも多かった。


 


三木道三


1993年頃から、地元のクラブを中心にDJとしての活動を開始。ジャマイカに渡って修行を積み、1995年、JAPjam Internationalから7インチシングル「JAPAN一番」でレコードデビュー。


以後、リリースした数枚のシングルやAckee & Saltfishとのコラボレーション曲などが立て続けにヒットし、一躍日本のレゲエ界のトップDJとなる。


1996年には、自らの名前を英訳したThree Tree Streetという名のプライベートレーベルを設立。数枚のシングルをリリースし、いずれもヒットを記録。


1997年には、ミックステープ「MIKI-FM1997ヘルス」をリリース。日本のヒップホップのMCたちも大勢参加したこの作品は、ジャンルを越えたヒットとなり、三木はレゲエのみならず、クラブシーン全体から注目を浴びることとなる。 さらに本名をもじったMixin'1というプライベートレーベルを設立、「MIKI-FM」の新作となる「MIKI-FM 1998メガヘルス」をCDでリリース。前作を超える大ヒットとなる。


その後、1999年から休養期間に入り、その間に新レーベル・大和レコーディングスを設立。徳間ジャパンコミュニケーションズと提携し、2000年に「斬る!ジャパニーズ」で復活&メジャーデビューを果たす。


2001年には、5月にリリースした「Lifetime Respect」が空前の大ヒット。日本のレゲエ史上初のオリコン1位、ミリオンセラーとなり、世間一般にレゲエシーンを知らしめることに成功する。


2002年にはレーベルをあげて、全国47都道府県ツアーを敢行。ツアー終了後、無期限の休養期間に入り、個人の音楽活動を休止。翌2003年にMOOMINの「栽培したい~世界中で~」の作詞をして以降はまったく音沙汰がない。



↓この曲が好きなあなた、三木道三好きのあなたはポチ!↓


←☆大麻(ヘンプ)からできたビールのご紹介  


スポンサーサイト

テーマ : レゲエ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ヘンプのTシャツはRENATURE?
エコな素材のヘンプ55% オーガニックコットン45%のきても気持ちEEヘンプのTシャツ

RENATURE

★★★ありがとう★★★

人気blogランキング急上昇中

にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

動画検索
動画メニュー
洋楽からジャパレゲまで動画満載!
最新の記事
プロフィール

REGGAE ONE DROP

Author:REGGAE ONE DROP
REGGAE ONE DROPへようこそ!
JAH!RASTAFERAI!
ReNature

http://renature.jp

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の閲覧者数:
ありがとう10万アクセス!
あなたは
相互リンク募集

当サイトはリンクフリーとなっております。
TOPページのアドレス へ
お願いいたします。
【レゲエ無料動画視聴 REGGAE ONE DROP】 のテキストでリンクしていただければありがたいです。

相互リンクに関するお問い合わせはこちらまでどうぞ

毎日見に来てね♪
RSSフィード
☆相互リンク☆
人気動画ランキング

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。