スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回 レゲエの誕生

レゲエの歴史は、実はとても新しい。



ジャマイカの音楽のルーツは、イギリスの植民地時代、ラジオからよく流れていたR&Bとジャマイカの人々の心にあったアフリカの伝統音楽「メント」に由来する。


それらが混ざり合い、1960年代初期、ジャマイカに「スカ」という音楽が成立した。「スカ」は現在様々な音楽にスパイスを与えている。ハードコアな音楽に「スカ」の軽快なリズムを加えた音楽を「スカコア」と呼び、また、ミクスチャーと呼ばれる音楽にも「スカ」は多く取り入れられている。

「スカ」の誕生から5年、1967年頃、ジャマイカの音楽に変化が訪れる。それ
までのはずむような「スカ」のビートからよりスローで官能的な「ロック・ステディ」と呼ばれる新しいリズムに変わったのだ。




そして、1960年代後期、あるセッション中にレゲエ独特のギターピッキングが偶然生まれ、当時人気だったスカバンド「トゥーツ&ザ・メイタルズ(※映像1)」の「DO THE REGGAE」というアルバムの発表をもって、レゲエという名で呼ばれる音楽が成立した。レゲエはもともとラテン語で「王に捧ぐ」という意味を持つ。そう、真のレゲエミュージックは「JAH」を称えるものなのだ。





レゲエは現在の音楽業界の位置付けでは、ダンスミュージックという枠に入れられがちだが、BOB MARLEYの奏でるレゲエミュージックは、レゲエのなかでもルーツロックレゲエというジャンルに分類される。「ルーツロックレゲエ」は、その名の通りレゲエの起源であり、また現在のレゲエのようにダンサブルではなく、ロックに似た音楽である。

現在のレゲエは「ラヴァーズレゲエ」と呼ばれるように、愛について歌ったスウィートな詩が特徴であるが、「ルーツロックレゲエ」の詩は攻撃的、反体制的な、まさにロックな詩が特徴的であった。
レゲエミュージックが誕生した時代のジャマイカの政治的緊張という背景の中で反体制的なレゲエの詩はラジオなどで、放送禁止になることも度々であった。

レゲエとボブ・マーリィはジャマイカやカリブの国々では、絶大な人気を誇っていた。しかし、このような背景や、ラスタファリズム、マリファナという危険因子がたくさんあったため、他の国々のレコード会社はボブとレゲエを見て見ない振りを続けていた。




そのレゲエが世界中に知れわたることになった最も大きな要因があの「エリッククラプトン」がボブの曲をカヴァーし(※映像2)、大ヒットさせた事である。

曲は「I SHOT THE SHERIFF」。これをきっかけに、レゲエは世界のヒットチャートを席巻するようになった。




↓おおっ!と思ったあなたはポチ!↓


←☆大麻(ヘンプ)からできたビールのご紹介

スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

ヘンプのTシャツはRENATURE?
エコな素材のヘンプ55% オーガニックコットン45%のきても気持ちEEヘンプのTシャツ

RENATURE

★★★ありがとう★★★

人気blogランキング急上昇中

にほんブログ村ランキング

FC2ブログランキング

動画検索
動画メニュー
洋楽からジャパレゲまで動画満載!
最新の記事
プロフィール

REGGAE ONE DROP

Author:REGGAE ONE DROP
REGGAE ONE DROPへようこそ!
JAH!RASTAFERAI!
ReNature

http://renature.jp

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

現在の閲覧者数:
ありがとう10万アクセス!
あなたは
相互リンク募集

当サイトはリンクフリーとなっております。
TOPページのアドレス へ
お願いいたします。
【レゲエ無料動画視聴 REGGAE ONE DROP】 のテキストでリンクしていただければありがたいです。

相互リンクに関するお問い合わせはこちらまでどうぞ

毎日見に来てね♪
RSSフィード
☆相互リンク☆
人気動画ランキング

ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。